子供の身長を伸ばす成長ホルモンとは?

子供の成長に欠かせない「成長ホルモン」。
皆さん聞き覚えのある言葉なのではないかと思います。

 

 

この「成長ホルモン」って何なんでしょうか。
成長ホルモンはアミノ酸で構成されていて、たんぱく質の合成を促進してくれます。
分かりにくいと思いますので、身体の成長、修復を担ってくれているものを考えて下さい。

 

 

そして、この「成長ホルモン」は、睡眠中に最も多く分泌されるんですね。
「寝る子は育つ」の由来かと。
22:00-2:00の4時間がゴールデンタイムともいわれています。
つまり、良質なたんぱく源としっかり摂取し、早寝早起きを心がけるだけです。
これだけでも随分と「成長ホルモン」の分泌を促進できると思います。

 

 

「成長ホルモン」と身長の関係とは?

ちょっと具体的なお話になります。
もうね、以下を積極的に摂らせてあげられるように意識してみて下さい。
良い事しかありませんよ^^

 

 

  • 大豆食品(納豆・豆腐・味噌汁)
  • 卵(平飼いの有精卵)
  • 乳製品(特にヨーグルト)

 

 

もう鉄板です。
好き嫌いがライバルとなります。
あと、豚肉の生姜焼きにキノコ類をいれてあげると良いですね。

 

 

アミノ酸と言えば、オルニチン、アルギニンです。
アルギニンは特に成長を司りますから、成長期に限ってはサプリで補ってあげるのも有効です。
疲労回復、免疫向上にもなりますので。

 

 

気づいていただけたかと思いますが、知って入れば以外に簡単なんですよね^^
闇雲に根拠もなく、良いと思うものを沢山あげるというのは危険です。
その先には肥満体質しか待っていません。